2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

日曜日の夜は憂うつになる?明日が早く来てほしいと思える考え方のコツ

日曜日の夜って憂うつになる人が多い気がしますね。

そりゃ当たり前だろ!っていう人がいるかもしれませんが、そうでもないですよ。

僕は日曜日の夜に憂うつな気持ちにはなりません。

「そんなの嘘だろ!」って嘘じゃありません。

明日が早く来てほしいと思える考え方を紹介しますね。

日曜日の夜が憂うつになる理由

f:id:blacksinging:20201129193718j:plain

日曜日の夜に憂うつにならないためには、憂うつになってしまう理由を考えてみると分かるかもしれません。

  • 仕事に行きたくない
  • もっとゆっくりしていたい
  • 朝起きないといけない
  • 自由時間がない

などなどなど

そりゃ、休みと平日では休みのがいいに決まってるじゃんというのが大多数の意見といえるでしょう。

だから、憂うつにならないためよう休日にこれと逆の行動をすればよいのではないかと仮説を立ててみます。

逆説的に考えると、日曜日を憂うつにするコツを考えて、それと逆の行動をすればよいのです。

 

日曜日の夜を憂うつにするコツ

日曜日を憂うつにするコツと逆の行動をとればいいんですね。

憂うつつにするコツを考えてみましょう。

明日仕事に行きたくないといえ!

日曜日を憂うつにするためにまずは「明日仕事いきたくない」と連呼しましょう。

段々と嫌な気持ちが増幅して、仕事に行きたくなくなってきます。

ついでにため息をつくことがおすすめです。

自分で自分の気持ちを嫌な方向にもっていけばよいのです。

とにかくゆっくりダラダラしろ

だらだらすればするほど体はなまっていきます。

どれだけアクティブに過ごしても、だらだら過ごしても、あっという間に休日は過ぎていきます。

ゆっくり過ごせば過ごすほど、平日との落差が激しくなるので日曜日の夜を憂うつにできます。

土日は寝たいだけ寝ろ

朝活なんかしないで、夜更かししてしまいましょう。

翌日は休みであれば夜更かしできますし、翌日が仕事ならば夜更かしして、なるべく先延ばしにすればよいのです。

目覚ましをかけないで寝たいだけ寝るのが、日曜日の夜を憂うつにするコツですね。

自由に過ごせ!

家事や育児も土日は手を抜いちゃいましょう。

なるべく何もしなくて済むようにするのがポイントです。

ご飯を作ったり、洗濯をしなかったりすれば土日の休みはたっぷり自由に過ごせます。

なるべく休日は何もしないで自由に過ごしましょう!

日曜日の夜に明日が早く来てほしいと思える考え方のコツ

f:id:blacksinging:20201129194102p:plain

逆説的に日曜日の夜を憂うつにする方法を考えました。

こうすれば日曜日の夜は憂うつになるわけですから、それをしなければいいんですね。

  •  「明日仕事に行きたくない」「疲れた」と言わないようにする
  • ダラダラせずにアクティブに過ごす
  • 平日と同じ時間に起きる
  • 家事や育児をしっかり行う

これらを行えば日曜日の夜の憂うつは緩和されます。

いつもの習慣通りに起きてアクティブに過ごすと忙しいので、平日を迎えに行くことができるはずです。

さらに朝活で翌日を迎えに行くと、月曜日の朝も遊べる時間ができます。

楽しみな時間スタートで1週間を始められるとよいスタートダッシュがとれますよ。

自ら明日を迎えに行きましょう

日曜日の夜も楽しく行こう さいごに

日曜日の夜に憂うつな気持ちになってしまっては、それまで土日を楽しんできたのにもったいないですね。

「終わりよければすべてよし」です。

日曜日の夜が「楽しかった」で終われば、また1週間頑張ることができます。

日曜日の夜も楽しくいきましょう!