2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

出世したいと思わないで働く(諦めている)人の取り扱いと末路。

出世したいと思って働いていますか?

もっと給料をもらいたいと思って働いていますか?

 

これは僕の会社にいる人の中で出世したいと思わないで働いている(諦めている)人の話です。

結論を先に言うと出世したい、もっと給料が欲しいと思わないで働いている人は次第に責任感がなくなってきます。

 

この期間が長ければ長いほど自分の持ち場の仕事だけしかせず、会社をもっと良くしようという考えがなくなります。

いわゆるお荷物社員です。

こんなお荷物社員は会社としては非常に不利益を発生させる存在です。

 

ただ社員となると簡単にやめさせることもできません。

出世したいと思わない社員の取り扱いと活路について考えてみましょう。

 

なぜ出世したいと思わないのか?

f:id:blacksinging:20210909214348j:plain

そもそもなぜ出世したいと思わないのでしょうか?

より豊かになるためにはもっとたくさん給料が欲しいですし、自分の叶えたい理想があるのであれば責任あるポジションにつかなければ理想は実現できません。

つまり出世したいと思わないで働く人は叶えたい理想がないのです。

 

自分の持ち場の仕事だけしていればいい。

それで一定の給料がもらえればいい。

 

時給で働くアルバイトと同じ考え方です。

社員としての考え方ではないですね。

 

根本的に経済的に困っているわけでもない人が多いのが特徴です。

共働きである程度余裕があるお局様や、実家暮らしの社員など給料が上がらなくても経済的に一定の余裕がある社員が、このような無責任な社員になっていくことがあります。

 

出世したいと思わないで働く人の取り扱い

出世したいと思わないで働いている人には当然ながら責任ある仕事を渡してはいけません。

 

誰でもできるような駒としての仕事をしてもらうしかないのです。

根本的な価値観はなかなか変える事は難しいです。

 

責任ある仕事を与えればもっと会社を良くしようと合理的な考えが必要になりますが、出世したいと思っていないと自分のテリトリーの仕事しかできません。

 

 

出世したいと思わないで働く人の末路

結局は出世したいと思っていない人のもとに大事な仕事は回ってきません。

もし回ってしまっているようであれば直ちに体制を変えて役割を外すことも一つの手段です。

 

酷い場合は会社の成長の妨げになる人材です。

一定のお金だけもらえていれば良いという社員には特に危険です。

 

周りを巻き込んで生産性を下げていきます。

まぁそもそも同じような考えの人が集まっても周りは分かっていますけどね。

 

人材の価値は時間ではなく、会社の利益のためにある。

これがわからない人は一生平社員ですし、ますますモチベーションも下がっていくことになるでしょう。

働くからには理想を持って出世を目指す社員の方が会社の評価しますし給料も上がります。

 

企業の強さとはこのように社員の考え方の有無によって大きく変わることでしょう。

 

目の前の仕事に真剣に取り組む先に生まれる責任感

勘違いしないでもらいたいのは出世したいと思っていないことが、必ずしも悪いというわけではありません。

ただ、漫然と目の前の仕事に一生懸命取り組み、責任感を持って働いている先に出世があります。

 

それは会社が評価するからです。

責任のあるポジションに就くことで生まれる責任感もあります。

 

出世したいと思っていないくても真面目で一生懸命な人には人がついてきます。

そこに諦めがあるかないかが⇔いているのかもしれませんね。

出世したいと思わないで働く人の取り扱いと末路:さいごに

出世したいと思わないで働く(諦めている)人は会社を負の方向に進めてしまうかもしれない存在です。

 

ある程度責任ある仕事から外してしまうことも一つの選択肢です。

価値観が長く働くほど凝り固まってしまい、頑固にもなっていきます。

 

会社の立場に立って考えられる人が出世していきますし、責任感が芽生えてきます。

人材の見極めを会社もしていく必要がありますね。