2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

アスベストの法令が変わったって知ってる?

アスベストに関する法令が2022で変わりました。

今まで図面又は目視調査にて確認していたアスベストが、図面及び目視調査が必要になりました。

目視調査を行う者は石綿に関する特定の資格を持った人で行わなければなりません。

これってすごく大きな変化なのでシェアします。

 

アスベスト2022法改正

アスベストについて、2022年4月から原則全ての工事について、石綿含有の有無を確認しなければならなくなったようです。

石綿って断熱材などに含まれていて、人が吸い込むと害があるんですね。

適切に処理しないといけないんですが、全ての工事で含有有無の確認が必要となりました。

 

アスベスト調査による実例

今うちの自宅の解体を進めるところなのですが、アスベストの含有が認められたそうです。

これまでの図面調査などでは不要だったようですが、怪しきは全て調査することに変わったので、分析したところ含有されていました。

除去は専門業者により行ったり、湿潤させて手壊しなどの制限が発生します。

つまり、調査の結果によって追加費用が発生するということです。

一般人にまでこんなところで弊害があるんですね。

追加見積もりがいくらかはわかりませんが、無駄な出費が発生することになります。

調査してみないとどこに含まれているかわからないので、追加費用についてはよく相談しましょう。

 

当分は市場がありそう

僕の会社も当分アスベスト分析の需要がありそうということで、分析できる体制づくりに踏み切ってます。

ここから数年はいろんなところで分析の需要がありそうです。

こういう法令の改正のタイミングをチャンスととらえることもできるんですね。

アスベスト業者はウハウハでしょうね。

 

でもアスベストってそもそも何のために分析の必要があるの?

アスベストって何で分析するのかって、粉塵による飛散が健康被害に関わるからです。

でも、これってほとんど近隣への飛散ではなく、作業員の健康被害なんですよね。

確かに作業員の健康被害を防ぐためというのは当然なんですが、重々しすぎる感じはします。

基本的には飛散しないように処理すれば、ほとんどが大丈夫なはずです。

濡らして手ごわしすれば飛散しないレベル。

まぁ、ちゃんと処理ルールを守らない会社があるから厳しくなるんでしょうけどね。

作業員のためにしちゃ厳しすぎる気がします。

 

さいごに

アスベストの法令が変わったことで、ここから数年間はアスベスト分析の需要がありそうです。

ここで資格を取った人は結構重宝されそうですので、勉強してみるのもいいかもしれませんね。

実際に僕の会社でも資格を取った社員に、色々質問が集まっていて価値が生まれています。

いろいろと知っておくことでチャンスが生まれるかもしれませんよ。