2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

日本人は世界でも有数の大人が勉強しない国

大人になってから勉強することってありますか?

子どもの勉強を教えるくらいですか?

子どもに「勉強しなさい」といっているその親自体が勉強していないのはどの時代も一緒かもしれません。

日本は先進国の中で、最低レベルに大人が勉強しない国といわれています。

この日本特有の文化について確認してみます。

 

日本人は世界でも有数の大人が勉強しない国

f:id:blacksinging:20220808194953j:image

日本は高校や大学までは多くの人が進みます。

学歴社会ともいわれ、卒業して何年経ってもどの大学を卒業したかで評価されることがあります。

しかし、卒業してしまうと日本人は驚くほど勉強しなくなります。

 

大人になるとなぜ勉強しないのか

勉強することが受身ではなくなります。

これまでは定期的にテストがあって、入試があって勉強しないといけない環境にありました。

ある意味受身で勉強してきたのです。

しかし、社会に出ると誰も勉強しなさいとはいわなくなります。

自ら勉強しようと思わなければ勉強はしなくてもよいのです。

やらされてきた勉強に嫌気が差している人はみな勉強しなくなります。

 

 

官僚は学歴が低いと出世できない

日本の中枢を担う官僚は、学歴の低い人は出世できないといわれてきました。

映画やドラマでもよくありますね。

エリートコースの人と現場の人の確執的なやつです。

実際に卒業した学校で未だに日本は人を評価する文化があります。

確かにその時、勉強をたくさんした、要領がよい、知識があると評価できるのは間違いありません。

ただ実際には実際に現場でどれだけ実績を出してきたのか、上に立つ人としての資質がどうなのか?

ここで評価されるべきです。

安倍元首相は成蹊大学

超一流大学というわけでもありません。

人の評価は学歴だけではない。

これは今の世界ではやっと当たり前になってきました。

 

何を勉強するのか

勉強と一言でいっても、数学や英語のことだけではありません。

大人になるまでにたくさんの経験をして、選択肢を広げておくことが大切です。

例えば、仮想通貨やNFTを知った上でやらないのと、知らないのでは全く意味が違います。

まずは知らないことを知ること、調べること。

必要なことは全てにおいて知識や情報です。

受動的に手に入る情報だけでは世界は広がりません。

学校で学ぶこと、テレビで見ること、YouTubeで見ること。

これらからでは、拾うことのできない情報があることを理解しておきましょう。

 

知らないから不安なのだ

あなたは一人暮らしが不安ですか?

あなたは1人で海外に住むことが不安ですか?

もし不安と答えた人は経験や情報が足りないだけです。

一人暮らしをしたことがないから、海外に行ったことがないから不安なんです。

経験していらことであれば不安はなくなってきます。

必要なのは知識と経験です。

何かに不安だと思った時には、その経験が不足しているサインなんです。

逆に経験するチャンスだと思ってチャレンジしてみることをおすすめします。

 

さいごに

大人になって勉強している人が少ないのが日本です。

おかげでマネーリテラシーが低く、成功者に対して妬みや嫉妬する人が多いのも日本です。

周りは関係ありません。

自分がどう生きていきたいか。

その選択肢を広げるために何が必要なのか。

考えてみる時間を作ってみましょう。