2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

逆算力を身につけよう!逆算力は目標達成に必須スキル

目標を達成するには逆算する力が必要です。

んで、逆算する力って何?って感じですよね。

逆算することって本当に大事な考え方なので、逆算する考え方について勉強してみましょう、

 

逆算力とは?

逆算するとはどのような考え方でしょうか?

わかりやすく解説しますね。

 

逆算とは

逆算とは設定した目標から、細かく小さな目標を設定して、進み具合を確認しながら目標を達成させる方法です。

目標に対して、進み具合を確認せずに漠然と進めてもなかなかゴールには辿り着けません。

ゴールから考えていくことが逆算思考です。

 

逆算力とは

逆算力とはゴールから設定することがどれだけ癖づいているかです。

瞬時にゴールに達成するまでの流れをイメージして、達成するまでの道のりを作れるかどうかがこの逆算力です。

逆算力がある人はそのスピードと解像度がバキバキに仕上がります。

その流れに沿って進めれば目標達成できる流れを作れているのです。

逆に逆算力のない人は、漠然と進めてうまくいかなかったり、スピード感がなくて遅れたりします。

 

逆算の具体例

学校の宿題をベースに逆算の具体例を考えてみましょう。

自由研究2つ、数学の課題、英語の課題、国語の課題、読書感想文。

これらが宿題としてあるとして、どう進めたらうまくいくかを考えてみましょう。

失敗例1

とりあえず目の前にある宿題を1ページずつ進めていきます。

毎日ちゃんと頑張っているから進んでいる実感もあるはずです。

しかし、残り3日というところで整理してみたら、後宿題は50ページ、自由研究は手付かずとなったらどうですか?

絶望しかありませんね。

目の前にあるやることを漠然と進めてもうまくいかないんです。

 

失敗例2

とりあえず先に課題の数学と英語と国語を終わらす。

夏休みはあと3日、自由研究と読書感想文は後回しだけど、全部終わった!

これはどうですか?

自由研究は何をするかを考えることも宿題です。

読書感想文は本を読むことも宿題です。

時間がかかる仕事を後回しにしているとうまくいかずに失敗することがあります。

 

成功例

夏休み最終日の前日には、全部終わっている状況にすることを目標とします。

全体量を確認して、夏休み終了10日前にはどれだけ終わっているとよいかを書き出します。

20日前、30日前と完了しているとよい状態を明確に示し、スケジュールを立てておきます。

このように完了の目標から逆算して、達成状態を明確にしてスケジュールを立てると余裕を持って進めることができます。

また、30日前時点で建てた目標と進み具合を照らして、遅れていれば少し急げばよいですし、予定通りであればそのまま進めればOKです。

このように達成状態から、逆算してスケジューリングするとうまくいきます。

 

成功例2

学校に行く時間には決まっています。

8:00に家を出なければならないとしたときの逆算スケジュールを立ててみます。

7:55髪の毛を結ぶ

7:50着替える

7:45ご飯を食べ終わり、トイレに行く

7:25ご飯を食べ始める

7:15顔を洗い、歯磨きをする

7:10起きる

このようにやらなければいけないことの時間から逆算するとうまくいきます。

 

さいごに

逆算力は目標を達成させるのに本当に大事な考え方です。

無計画に進めていっても、目標を達成することは難しいのが現実です。

もしやらなければいけないことがあったり、立てた目標を絶対に達成させたいときには、逆算してスケジューリングしてみてください。

自分自身でこの逆算思考にたどり着いたときには、きっと目標を達成できるはずです。

 

良かれと思ってしたことが相手の迷惑になることがある

自分がされて嫌なことを相手にしてはいけないとよくいいますね。

では、逆に自分がされて嬉しいことは相手にしてあげる。

これはどうですか?

実はここには落とし穴があります。

自分が嬉しいことが相手も嬉しいとは限らないのです。

良かれと思って相手にしたことが、相手にとっては迷惑な場合があるのです。

ケースごとに考えてみましょう。

 

良かれと思ってしたことが相手の迷惑になることがある

f:id:blacksinging:20220630222725j:image

どんな場合に相手に迷惑をかけてしまうのでしょうか?

考えてみましょう。

 

お土産をあげる

お土産をもらうと嬉しいですか?

欲しいものや美味しいものだったら嬉しいですよね。

では、ご近所さんが旅行に行ってきたから、とありきたりなお菓子をくれたらどうですか?

気を遣って買ってきたつもりかもしれませんが、返さなければ失礼という面倒でしかない場合があります。

関係値が低いときほどこの問題は根深いですね。

正直、近所からのお土産は迷惑な場合があります。

 

被災地の千羽鶴

地震や台風などの影響で大変な被害を受けた地域に千羽鶴を送る人がいます。

心を込めて復興の願いを込めて。

これどう思いますか?

もらって届いた方は復興するために大変なのに、千羽鶴をもらってどうしたらよいのでしょう。

正直、そんな環境下での千羽鶴はゴミ以外の何者でもありません。

迷惑な物なんですね。

これは受け取る側への暴力みたいなもんです。

想像力の欠如が生んだゴミ。

 

ご飯を取り分ける

焼肉奉行とが飲み会でご飯を取り分ける人がいますね。

これってありがた迷惑に感じる人もいます。

自分の食べたいものは自分のタイミングで食べたいってことです。

熱いものを今食べなくない気分だったら、冷めちゃいます。

食べたくないものを置かれたら嫌ですもんね。

されて嬉しいと思う人と思わない人がいることも理解しなければなりません。

 

さいごに

良かれと思ってしたことが、相手の迷惑になることがあります。

これはどんな人にでもあり得るので注意が必要ですね。

相手のことを徹底的にリサーチして、相手に寄り添って考えることで、相手が喜ぶことをしてあげられる人になりたいものです。

 

 

陣取りバス旅のような旅を実際にしてみたいね

田川さんと河合くんの陣取りバス旅をやってましたね。

あまりテレビを見ることがないのですが、途中からすっかり見入ってしまって、最後まで見きってしまいました。

ああ、こんな旅をしてみたいなぁ。

どうしてバス旅をしてみたいのかを考えてみました。

 

陣取りバス旅のおもしそうなとこ

陣取り旅をなんでこんなに面白そうに感じたのか考えてみました。

デジタルデトックス

時刻表やバスルートはスマホがあれば調べることができるでしょう。

まぁ、やらせや裏で調べたりってのはあるかもしれませんが、実際にスマホを持たずに旅をしたら逆に新鮮ですね。

普段どれだけスマホにしばられているかがわかります。

スマホを持たないからこそできる旅。

スマホがない世界に焦がれてるのかもしれません。

 

いったところのない旅

いったことのない場所に行くだけで新鮮です。

首都圏近郊の観光地になりそうなところは、結構行ったんですよね。

いったことのない場所に行きたい。

見たことのない景色を見たいです。

 

車も電車も使わない

バスだけという旅がいいですね。

車も電車も使わない旅。

車があればどこにでもいけるのに。

でも、制約があるほど面白そうと思うのかもしれません。

先が読めない

先の読めない旅。

それがいいですね。

相手がいて、相手が見えない。

それが面白いのかも

 

勝負に勝ちたい気持ちがわかる

勝負に勝ちたい気持ちもよくわかります。

相手に戦略があって、思い通りに行かない歯がゆさがあって。

面白そうですね。

 

さいごに

久々にテレビを見ていて面白かったです。

少し考えて、やったことのない旅をしてみようと思いました。

なんか面白いアイデアが浮かんだら共有しますね。