2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

公務員になりたくないと思う人が増えるんじゃないかと予想します。

ひと昔前はなりたい職業を大学生に聞けば「公務員」と答える人も多かったですよね。

 

しかし、コロナにより時代のスピードが加速していく中で、公務員になりたいと思う人は少なくなるのではないかと仮説を立てています。

 

未来予想として公務員になりたくないと思う人が増える。

あくまで予想ですが一緒に考えてみましょう。

 

公務員になりたい人が多かった時代

f:id:blacksinging:20210126201018p:plain

公務員になりたい人が多かったときと現代ではどのように違うのでしょうか?

まずは当時を振り返ってみましょう。

不景気真っただ中

バブルがはじけて、日経平均も落ち込み、日本には大不況時代がありました。

僕が就職活動をしていた2002年前後は最悪だったといえるでしょう。

 

就職氷河期」なんて言葉があって、大手企業ですら新入社員を取らない企業もあったくらいです。

 

ホントに就職活動が厳しい時代で、働きたい会社で働くことはおろか就職することすら難しい時代。

 

そんな時代に求められるのは安定です。

公務員であれば試験に合格さえすれば一生働ける。

リストラもありません。

 

そんな時代に公務員になりたい人が増えていました。

 

学歴社会全盛期

両親たちは子どもを公務員にさせようと学歴を競い合わせてましたね。

いい大学に入って、公務員になる(いい会社に入る)

 

それが当時にベーシックであり、いい会社や公務員になれば一生安泰。

終身雇用の時代には何よりも学歴が重要でした。

このころは、勉強ができる人が重宝され、勉強できる人が公務員になっていきました。

個人で稼ぐことが難しかった

就職難・終身雇用の時代ですから、個人が副業することもあまりありませんでしたね。

副業自体もインターネットが流通するまでは、ファミレスなどのダブルワークや内職しかなかったのも実情です。

 

個人で稼ぐことが難しかったので、一生安定した会社や公務員が人気となっていたのです。

 

しかし、インターネット・SNSの流通により、個人が発信できるようになると、個人で稼ぐ選択肢が増えていきました。

 

副業や起業の選択肢が増え、転職も当たり前の時代となってきました。

むしろ、一企業に依存するのではなく、副業・起業・転職を駆使したほうが、メリットが大きい時代へと変わってきました。

 

ここで、疑問が発生します。

公務員になりたくない人が増えていくのではないかと。

 

公務員になりたくない人が増えそうな理由

f:id:blacksinging:20210126201105j:plain

公務員になりたくない人が増えそうな理由をあげてみます。

  • 副業ができないのは致命的
  • がんばっても報われにくい
  • 転職に活きるスキルが身に付きにくい
  • 競争力がつかない
  • その他ルールに縛られる

ざっとこんな理由が挙げられますね。

一緒に考えてみましょう。

副業ができないのは致命的

公務員になりたくないと思う最大の理由として、副業ができないことが挙げられます。

 

いつだか不動産収入を得ていた学校の先生だかが、懲戒処分となっていました。

これの何が悪いのでしょうか?

 

公務員になることで副業が絶対できないってデメリットでしかありませんよね。

給与面では頭打ちが確定していますので、副業ができないのは痛すぎます。

 

お金持ちには絶対になれません。

これは致命的だと考える人がいるのではないでしょうか。

がんばっても報われにくい

公務員で給料を上げるには昇進試験がメインだったりしますね。

自分の成果も仕事で見えにくい仕事です。

 

公立の学校の先生でどれだけ生徒に慕われていい先生でも、子どもに興味すらないような先生でも給料は大して変わらない。

 

こんな不条理が公務員です。

生徒から通知表つけてもらって、給料を決めたら変わるかもしれませんけどね。

 

そうは絶対ならない。

がんばっても報われにくいってモチベ―ション保つのが難しい気がします。

 

転職に活きるスキルが身に付きにくい

区役所の窓口業務していて、どれだけスピーディーに仕事をこなしても給料は上がりません。

 

その仕事をどれだけがんばっても、企業に転職したら営業として再スタートは厳しそうですね。

 

民間で使えるスキルがつきにくそうです。

公務員になると転職という選択肢が極端に狭まります。

 

これもデメリットでしょう。

競争力がつかない

営業マンでいえば結果が全てです。

どれだけ仕事を受注するか。

 

この結果によって自分の評価が決まりますし、給料も変わります。

 

しかし、公務員は数字に対する競争心がないですよね。

水道工事の監督をして、たくさん監理をしたら給料が上がるとかないですから。

 

競争力がないとなかなか民間ではやっていけないし、起業や副業でもきびしいかもしれません。

そのほかルールに縛られる

公務員はあれダメこれダメのルールもそのほかあるでしょう。

奢り奢られはだめですし、ギャンブルにも制限がありそう。

 

書籍を執筆したい!と思っても副業扱いになってダメそうですし、Youtubeもダメでしょうね。

そんな制約が多いのに給料は頭打ちでは、公務員になりたいメリットと時代がマッチしていない気がします。

 

公務員になりたくない人は増えると予想!さいごに

ここから10年後くらいに公務員どうなるでしょうか?

少なくともお金を稼ぎたい人は公務員は選択肢から外すのではないかと思います。

 

もちろん仕事の意義ややりがいは完全に別物で、公務員でしか得られない価値もあります。

 

ただ、公務員になるメリットはもっとあってもよいのかなと思うのでした。

一万時間の法則を使って100万人に1人の人になろう!

一万時間の法則を知ってますか?

マルコム・グラッドウェルさんという方の著書『Outliers』で提唱された説で、一万時間何か一つに取り組めば、その道のプロになれるというものです。

 

一万時間の法則を転用して、自分の唯一性を高める方法について考えてみましょう。

一万時間の法則とは

f:id:blacksinging:20210125184818p:plain

一万時間の法則とはどんな法則でしょうか?

まずは一万時間の法則について解説します。

一万時間費やせば100人に1人のスキルが身につく

統計的に一万時間程度一つのことに費やすと、その道のプロといえる程度まで成長する。

 

100人に1人くらいの人材になれる。

これが一万時間の法則の考えです。

 

例えば、寿司職人として一人前になるには一万時間かかると。

これはホリエモンさんの「多動力」なんかでは真逆で、無意味な修行に一万時間かけなくても寿司は握れるようになるともいわれていますね。

 

確かに下積みみたいなものは無駄があるかもしれませんが。。

 

ただ実際に試行錯誤しながら費やした時間が、人を成長させることは間違いありません。

一万時間ってどれくらい?

一万時間というとどれくらいの時間が必要でしょうか?

 

1日1時間なら27年。

1日3時間なら毎日継続しても約9年。

6時間なら4年半です。

 

毎日ですからね。

ブログで100人に1人の人になりたいなら、これだけ時間をかけなきゃダメってことです。

 

今、ブログに何時間費やしてますか?

挫折するには早すぎることがわかりますね。

一万時間の法則を使って100万人に1人のスキルを得る方法
 

f:id:blacksinging:20210125185028j:plain

 

一万時間の法則を少し転用すると100万人に1人の人材になれます。

そんなヤバイスキルを身につける方法について考えてみましょう。

一万時間を3つの武器に注ぎ込む

一万時間費やすものは3種類用意しましょう。

 

ブログ×ゲーム×絵とか。

読書×習字×音楽でも良いです。

 

そして、それぞれに一万時間を費やして積み重ねる。

ひとつだけに3万時間を掛ければ1,000人に1人の人材になれるかもししれません。

 

でも、ここからは運の要素も絡んできます。

イチローさんのように一つのことに特化したプロ。

 

これは努力だけではどうにもならないこともあります。

力を3つに分散させるほうがチャンスは広がります。

一万時間を掛け算する

僕の場合は営業×管理職×ブログです。

それぞれ一万時間を費やすと100×100×100=100万となります。

 

営業で100人に1人

管理職で100人に1人

ブログで100人に1人

 

この全部に1万時間費やしている人はそれだけいないんですね。

自分の武器を3つ掛け合わせている人はそれだけいないということです。

 

この希少性が自分の武器になります。

20年掛かりて積み上げろ!

1万時間を3種類積み上げるのは並大抵のことではありません。

誰でも3万時間も使うわけですから、大変な日数がかかります。

 

これはコツコツ継続するしかありません。

長い時間をかけて達成させるものです。

 

20年というと途方もない気がしますが、コツコツしていた人しか達成できません。

できない人がたくさんいるからこそ、チャレンジし甲斐がありますね。

 

一つのことでプロフェッショナルになるよりもチャンスも広がりますよ。

一万時間の法則を使って100万人に1人の人になろう さいごに

一万時間の法則を3種類。

なかなか達成している人はいません。

 

だからこそチャンスがあります。

一つのことに時間をかけるよりも幅も広がります。

 

時間をかけて頑張れること3つ挙げられますか?

 

始めることは早ければ早いほどいい。

是非考えてみてください!

毎日ブログを書くことを習慣化しよう!とにかく結果を気にしないこと

毎日ブログを書くことを僕は習慣化できました。

毎日3,000字~5,000字はブログを書いています。

そして、この習慣は小6の息子君も同様です。

毎日5,00~1,500字程度のブログを毎日書き続けています。

ブログを毎日書き続けることは簡単です。

習慣化するためのコツを紹介します。

毎日ブログを書くときに気にしないほうがよいこと

f:id:blacksinging:20210124193952p:plain

ブログを書くことはキツイですか?

僕は全然キツクないです。

そして、息子君もキツクないです。

ここまで習慣化できたコツを紹介します。

PVを気にしない

ブログをやめていく人のほとんどがPVを気にしています。

当然PVが伸びなければ収益は出ません。

 

何か結果が出ないと継続ってのはキツイんですね。

ただ、書き続けているとPVを気にしないでいられるようになります。

 

PVを気にしないでいることは習慣化するために大切です。

どうせグーグルに評価されるのは3か月後です。

 

気にする必要なんかありません。

収益を気にしない

収益も出なくて当然です。

PV同様に収益があがらなくても気にせず書きましょう。

 

稼ぐためにブログを書く。

これが目的になっていると収益が上がらなくてモチベーションが下がります。

 

モチベーションの波は必要ありません。

はてなスターはてブ・読者数を気にしない

はてなブログの場合、スターやはてブはたくさんつくと嬉しいのは確かです。

しかし、それを気にしすぎる必要はありません。

たくさんついていても、ついていなくても気にしないで大丈夫です。

 

毎日ブログを書くことを習慣化しよう

f:id:blacksinging:20210124193910p:plain

毎日ブログを書くことを習慣化するコツを紹介します。

僕と息子君が毎日更新できている理由です。

文字数少なくても1記事は更新する

毎日1記事は更新する!

これは自分の中の掟にしちゃいましょう。

 

文字数やPVを気にしなければ、必ず更新はできますよね。

すると継続している記録は残ります。

 

毎日更新している記録がモチベーションとなり、習慣となります。

書くことを習慣化してから、SEOに根差した記事を書いても遅くはありません。

 

大事なことは習慣化です。

息子君はもうすぐ1年ブログ継続となります。

書くことに慣れてから大きなチャレンジに変えていった方が、成長が早いと踏んでいます。

主観的な雑記記事にする

毎日ブログを書こうとするとブログネタの有無はとても大切です。

何を書こうかなーと悩むんですね。

 

これがSEOやPVを気にすれば尚更悩みます。

継続の邪魔をするのは、やっぱりブログネタなんです。

 

ここは主観的な雑記記事で習慣を作るまでは乗り切ってもいいかなと思います。

特にブログ初心者は最初から良い記事なんか書けません。

 

1年かけて習慣化を作ってから、書くことに慣れてから。

それからで大丈夫です。

特別伸びたときには喜びを共有する

たくさんブログ記事を書いていると、やたら伸びる記事が出てきます。

これは自分でも想像していなかった記事が伸びたりするものです。

 

そして、特別伸びた記事やアフィリエイトが成約した記事があれば、誰かとその喜びを共有することがおすすめです。

 

僕の場合は息子君やツイッターで共有しています。

普段気にしないようにしていて、特別な場合だけ喜びを共有する。

 

これがいいんじゃないかなと思うのです。

 

ブログは60%でもどんどん更新していけ!といいますが、本気で書いた記事が伸びないこともあります。

 

とにかく書き続けていればいつか当たりますので、そこまで書くことですね。

 

毎日ブログを書くことを習慣化しよう!さいごに

息子君と一緒に毎日ブログを書くことを習慣化しています。

僕はサブブログを毎日更新しているのに、メインブログも月に20記事程度はアップしています。

 

主観で書く記事があるからこそ、習慣化できているからこそだとも感じています。

まずは、毎日ブログを書くことを習慣化する。

 

結構おすすめですよ。