2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

2年半がんばって生きた金魚のアキちゃん

2年半前に行ったお祭り。

娘が小2だった頃からかな、金魚を飼い始めたのは。

 

西日暮里の方にある結構大きなお祭りにいって、子どもたちに1000円ずつ好きに使っていいよとお金を渡した。

そこで、当時小2の娘は金魚すくいをやったんだ。

 

僕は金魚すくいって本当に難しくて苦手。

娘は少しとれたんだっけな?

全然とれかったんだっけな?

ああいうお祭りでは、うまく取れなくても1、2匹くれたりするんだよね。

 

どっちか忘れてけど、袋に数匹金魚を持って帰ることになった。

いきものを買うのは割と好きで、金魚を飼う前には川で捕まえたメダカだったり、カブトムシだったり、オタマジャクシだったり、毎年何かを飼っていた。

今は柴犬のももちゃんが僕たちの家族だ。

 

カブトムシは冬を越せないから、大体秋口に死んじゃうんだけど、公園にお墓を作りに行こうって土の中に埋めたこともあったね。

カブトムシのかっちゃん。

旅行に行ったときに息子の服にくっついたのを家に連れ帰ってさ。

 

「ここに埋めれば、公園に来たときにいつでも思い出せるし、ずっと君たちが遊ぶときには一緒だからね」

そんな風にいって一緒にお墓を作ったね。

その1年後、その公園は掘り返して大規模リニューアルをされちゃったけど。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これまでも金魚すくいで捕まえた金魚やめだかを飼ってきたけど、すぐに水が汚れてしまってすぐに死んでしまった。

 

餌でもそうだし、いっぱいいてもダメだし、カルキもダメだし、空気の供給も必要。

なかなか金魚は買うのが難しい。

 

カブトムシのかっちゃんのいた虫かごを水槽にして、祭りの金魚を数匹入れた。

一応カルキ抜きやえさを飼ってきて、娘が飼育係になった。

必ず毎日餌をあげて、水が汚れてきたら水槽を洗うんだ。

 

それでも、1匹。

また1匹と金魚は死んでいく。

公園ではなく、ウチの家の裏の土に埋めてお墓を作った。

 

だけど、そんな風に生きてきた金魚のうち1匹は死ななかった。

秋口のお祭りから冬を越えて春になっても生きていた。

 

娘に長生きしているから名前をつけてあげようといったら、娘は少し考えて「アキちゃん」といった。

赤(あ)い金(き)魚だから、アキちゃんだそうだ。

娘らしい。

 

そんなこんなでアキちゃんは広い虫かごの中で1匹生き続けた。

水がすぐに汚れないのがよかったのかな。

エサは一人で独占もできる。

 

金魚にしてはどんどん大きくなって、5cmくらいの大きさになった。

そして、とうとう2年半もの間アキちゃんは生きてきた。

 

つい先日水が汚れていたので娘が水槽を洗った。

綺麗になった水の中でアキちゃんは今日も優雅に生きている、はずだった。

 

娘がお風呂上りにアキちゃんにエサをあげるルーティン。

そこで、下から「え!?」という声と娘のすすり泣く声が聞こえてきた。

 

階段を上ってきた娘にお母さんが声をかける。

「どうしたの?大丈夫?」

「金魚が・・」

 

僕らはそれを聞いて、1階にいる水槽を覗き込んだ。

赤かった金魚のアキちゃんは白くなって水面に浮かんでいた。

昨日までは元気だったんだ。

 

命は儚い。

命あるものは必ずいつか尽きる。

 

祭りの金魚すくいで救った金魚が2年半も生きたことが奇跡でもある。

ただ、どんな状況でもお別れは悲しい。

金魚でもこんな思いをするのだから、柴犬のももちゃんだったり、身近な人が亡くなったときの喪失感を思うと胸がしめつけられる。

 

そして、僕らもまたいつか命が尽きる。

親父がなくなったときの悲しさを思い出した。

 

そして、1周期で住職の語った言葉を思い出した。

「親死ぬ子死ぬ孫死ぬ」

親→子→孫の順で死ぬことほどめでたいことはない。

 

僕らが金魚のアキちゃんを見送ることは順番だったんだ。

悲しいけれど長く生きてくれたことを感謝したほうがいい。

雨が止んだらまた土に返そう。

 

そうしてまた命は循環していく。