2児パパの裏ブログ

表ブログの中の人。副業、育児を中心に発信します!

MENU

目先の利益にとらわれて大損をすることわざ「一文惜しみの百知らず」の実例

目先の利益にとらわれると大損をしたり、信用を失ったりすることがあります。

 

そんなときに使うことわざ。

 

「一文惜しみの百知らず」(いちもんおしみのひゃくしらず)

 

一文のお金をおしんで、百文のお金を損してしまう例えです。

そんな目先の利益に捉われて、大きく信用を失墜した実例があったので、このことわざを思い出しました。

 

目先の利益ばかり追ってはダメ!という実例を紹介します。

 

人気YouTuberの解散ドッキリという実例

f:id:blacksinging:20210717221455j:plain

僕はよく知らないのですが、子どもたちが教えてくれました。

人気YouTuberが解散すると煽るようなアイキャッチの動画をあげて、結局はドッキリだったというオチだったようです。

 

結局それが炎上。

 

集まったスパチャを返金する騒動にまでなったようです。

息子もその動画を見たのか、「もうキライ」とまで言っていました。

 

これこそ正に目先の利益に捉われて、大損をする実例ですね。

YouTubeの再生回数やスパチャのお金を狙って、大きく信用を失っています。

 

おそらく謝罪して、返金したところで完全に「焼き石に水」(熱い石に水をかけてもまったく効果がない例え)です。

離れてファンは戻ってこない。

 

日本人は集団心理も働きますからね。

否定的な意見が多くなればなるほど同調していきます。

 

一度の失敗を許さない、そんな好感度だけの芸能人もたくさんいましたよね。

信用は積み重ねるのは大変ですが、崩れるのはほんの一瞬であるということです。

 

「大局観」がないともいえます。

(物事の全体像・3手先が全く見えていない)発信だったということです。

 

スマートニュース

 

Twitterにもある目先の利益を追って信用を失う実例

ツイッターの場合は、目先のいいね・RTを求めて信用を失うような使い方があります。

 

気にしない人は気にしないかもしれませんが、気にする人からは信用を失うツイートがたくさんあります。

 

 

まあまあルールの範囲ですから、何も問題ないことですがいいねほしさに、さもしい目で見る仲間もいるものです。

 

信用は簡単に損なわれます。

特に道徳的によろしくないことをすると、大きく信用は大きく損なわれます。

 

目先の利益だけを追ってはいけませんね。

まさに一文惜しみの百知らずです。

 

信用がお金よりも大切な「貯信時代」

キンコン西野さんの「革命のファンファーレ」はバイブルのひとつなのですが、信用を貯めることがお金よりも大切だと書かれています。

 

芸能人が不倫して戻ってこれなくなるのも好感度だけで、信用がないからということです。

 

信用は嘘をつくと失われます。

自分がいいと思っていないものをいいと広告したり、美味しくないものを美味しいと紹介したり。

 

ちゃんと読者や視聴者はわかっています。

そして、嘘をついていると思えばとことん追求します。

 

信用とはそういうものなんですね。

そして、嘘は環境がつかせているともいえます。

 

嘘やお世辞を言わなければいけない環境というのがあるんですね。

嘘やお世辞を絶対にいわない人になるには、そんな環境を作らないといけない。

 

とても難しいことですが、信用を積むとはそういうことでもあります。

 

目先の利益にとらわれて大損をすることわざ:さいごに

目先の利益にとらわれて大損をすることわざ「一文惜しみの百知らず」

これが実例として見えることがYouTuberの解散炎上でみえましたね。

 

「反面教師」にして(悪い実例をみて真似をしないようにすること)信用を積んでいくことの大切さを再確認しました。

嘘をつかない環境を作って、信用をコツコツ積んでいきましょう!